日本クラウド証券

クラウドバンクは融資型クラウドファンディング・サービスです。

日本クラウド証券が運営するクラウドバンクは、一般個人、少額からでも、多くの人が集い資金を集約することによって、これまで小口投資では不可能だった、着実に資産を運用できる、好利回りの投資案件への参加を可能にしました。
また、これまでのように銀行口座へ預金を眠らせておくことと違い、年利5%以上を目指した資産運用を実施。投資が初めての方から、大口投資家まで全ての人に最適な新しい時代の資産運用サービスです。

468x60

1万円・6ヶ月から始める新しい資産運用!無料口座開設はこちら

少額投資から大型投資商品に参加できる。一般個人にも優しいソーシャルレンディング

クラウドバンクは、一般個人の方でも、多くの人が資金を預け、資産を運用することによって、好利回り案件への投資を可能にした、新しい時代の資金運用サービスです。
「融資型クラウドファンディング」では、小額から投資できます。
たとえば50万円を想定利回り5%で2年間運用すると46,000円(税引前)の分配金が得られます。銀行預金で資金を眠らせておくこれまでの方法とは違い、投資が初めての方から、大口投資家まで全ての人に最適な、新しい資産運用方法です。

 

少額・短期でも、目標投資リターン5%以上の好利回り。新しい資産運用の機会を提供します。

クラウドバンクは短期間で償還される商品が中心ですが、継続的に投資を行うことで「複利効果」を得ることも可能です。また、ひとつのファンドで複数の企業やプロジェクトに貸付を行うので、「リスク分散」の効果も期待できます。

予想平均利回り約5.2%の安心運用

※予想利回り5.2%計算の配当予定金額

一年間の予想利回り

500,000 × 5.2%/年 = 26,000円

468x60

1万円・6ヶ月から始める新しい資産運用!無料口座開設はこちら

既に海外では多くの方が活用し、実積を上げています。

 

融資型クラウドファンディングという、インターネットを活用した新たな個人資産の活用方法は、既に海外では多くの一般ユーザーに活用されており、確かな実積を上げています。米大手IT企業であるGoogle社から出資を受けるソーシャルレンディング事業者など、これまでの貸し付け実積としても25億ドル以上にのぼっており、これから一般個人の資産を預け運用する1つの方法として、急速に注目され利用者が急増しています。

 

個人投資では難しかったこれまで。

世の中には利回り率やリスクに伴い、たくさんの資産運用の方法があります。これまでは一般個人が少額から運用することのできる商品は極限られていました。代表的なものは銀行預金です。普段から預金取引で身近な銀行などの金融機関は、個人や法人から集めた預金等を資金需要のある企業や個人に貸し出し、その利息収入の一部を預金者に還元しています。(普通預金金利は年利0.02%、定期預金金利で0.1%程度)しかし、好利回りかつ低リスクの大型投資案件は、主に銀行や金融機関などの大口投資機関により購入、運用を行い、これまで個人がそれらを運用する事は難しい状況でした。

個人でも優良案件への投資を可能にした、クラウドバンク。

これまで個人による優良案件への投資が難しかったなか、日本クラウド証券はインターネットの仕組みを活用し、個人から法人まで多くの方に利用して頂けるサービスをご用意しました。クラウドバンクの仕組みを活用して頂き、資産を集約することでこれまで難しかった、個人が少額からでも好利回りでリスクが抑えられた優良案件へ資産運用を行い、分配を得ることを可能にしたのです。

468x60

1万円・6ヶ月から始める新しい資産運用!無料口座開設はこちら